ことのは採集

++たのしい知的生活を送る++

映画『エクソシスト・ビギニング』

こんにちは、真音とろっぽです。

昨日の続きですが、無くしたiPhoneをたずねて三千里、あちこち回ってみたのですが、見つかりませんでした。っていうか盗られてる可能性大……。そんなわけで気落ちして帰ってきました。

そんなときにはホラー映画!! 今日は『エクソシスト・ビギニング』を観ました。 

エクソシスト ビギニング [DVD]

エクソシスト ビギニング [DVD]

 

先日解説した『エクソシスト』の前日譚です。主人公は、オリジナルの『エクソシスト』にも登場したメリン神父(ただし25年前)です。彼がアフリカで初めてエクソシズム(悪魔祓い)を行ったときの物語です。

実はこの映画、奇妙な逸話があります。元々前日譚として撮られていた『ドミニオン』という映画があるのですが、映画会社ができあがった作品にダメ出しして、まさかの全編撮り直し(そんなことできるんですね……予算的に)。別の監督に作らせたのが、この『エクソシスト・ビギニング』というわけです。

ですので、舞台とか大雑把なストーリーとかは、大体同じものです。

 

私は『エクソシスト』系の作品を全部観ているのですが、何ヶ月か前に『ドミニオン』を観てから、今日『エクソシスト・ビギニング』を見直しました。いや、何というかこの作品を見直しました。

あのC級ホラーだった『ドミニオン』を、よくB級ホラーに作り直したなあ、すごいよ……という意味で、面白かったです。『ドミニオン』はあまりにもひどかった。低予算のTV特番かこれは!?という出来映えでした。それに比べると、『エクソシスト・ビギニング』は「1回だけなら観られる映画」になっていると思います。全然怖くないけど。何度も観たくないけど。

 

ちなみに駄作と言えば『エクソシストII』も超駄作で、早く終わってくんないかなあ……とイライラしながら観た記憶があります。観る価値があるのは『エクソシスト』と『エクソシストIII』だけです。