ことのは採集

++たのしい知的生活を送る++

目覚まし時計、行きて帰りし物語

こんにちは、真音とろっぽです。

実は昨日、授業に行った大学の講義室の教壇の上に、目覚まし時計を忘れてきてしまいました。今日取りに行ったら無事見つかりました。

f:id:ma_non_troppo30:20170419185118j:plain

この目覚まし時計は無印良品で買ったもので、ミニマリズムなデザインが気に入っています。とりわけ素晴らしいのが、曜日表示をダサい漢字ではなくアルファベットでしているところ! 液晶で漢字を書こうとすると、どうしても不格好になるため、大手のデジタル目覚まし時計(漢字式)は敬遠していたのでした……。

ちなみに、スヌーズ機能つきで8回鳴ります。アラーム音量も調整可能。私は8回目覚めて8回止めて8回寝ます……。

 

そもそもなぜ目覚まし時計を教壇に?と思われるかもしれません。講義室には時計がついてないのです。腕時計で時間を確認しようとすればできますが、ちょっと小さくて一瞬で時間を把握するには不便です。その点、この目覚まし時計は必要十分な大きさ! 精確な時間がわかるデジタル式! なので、教壇に目覚まし時計を置いて授業するのがすっかり気に入ってしまいました。

ただ、一つ問題が……。それは、このミニマルデザインの時計があまりにも教壇に馴染みすぎて、帰るときにきちんと回収するのを忘れることです。それで昨日やらかしたわけです。今後注意します……。